四万十ミステリアスリザーブ 720ml (化粧箱付)

常温便 冷蔵便 冷凍便
同梱可 同梱不可
販売価格 価格 ¥4,700 通常価格 単価  あたり  (税込)

四万十の栗焼酎

四万十町大正地域にある株式会社無手無冠(むてむか)が創業したのは、いまから127年前の明治26年(西暦1893年)。 現在は、創業当初から作り続ける日本酒と、栗焼酎、リキュールの3本柱で、全国各地にたくさんのファンを持つ老舗の酒蔵です。 高知県にある18軒の酒蔵のうち、焼酎を作っているのは7軒で、栗焼酎に至っては無手無冠の「ダバダ火振」あわせた3軒のみ。 さらに全国では、1500~1600軒ある酒蔵の中でも、栗焼酎はわずか20軒ほどしか作られていないというので、焼酎ファンにはたまらない逸品なのです。

お店や蔵の写真

日本酒づくりから始まった無手無冠が、しまんとの栗を使って栗焼酎を作り始めたのが昭和60年頃。 当時の四万十は栗栽培最盛期で、売りものにならない規格外を廃棄していた事から、当時の町長から相談を受けたことが始まりだった。

「日本酒とは違って焼酎は蒸留酒のため、新たな製造免許が必要となり、先代はなかなか苦労したそうです。 それでも試行錯誤しながら、美味しい焼酎が完成した。でも、当時は全く売れなかったんですよ。」と、番頭の福永太郎さんは語ります。

“高知は日本酒、焼酎は安酒”という壁に阻まれ、売れるまでに何年も要したそうですが、粘り強く売り続けたことで、焼酎ブーム・四万十川ブーム・JAL国際線での採用を次々と引き寄せ、「ダバダ火振」は全国的に有名な焼酎に成長しました。
※現在は四万十の栗生産量が激減しているため、国産栗も一部使用しています。

太郎さん

ミステリアスリザーブ

知名度を上げていった反面、四万十の栗栽培は衰退して原料が揃わず、思うように製造できなくなってしまったダバダ火振。 あいにく、無手無冠の製造免許は栗焼酎のみに限られていた為、他の原料で焼酎は作れず、ブームに乗って軌道に乗ったかと思った矢先に、再び困難が立ちはだかりました。 そこで当時の社長(現在の会長)が平成4年に思いついたのが、「栗焼酎ミステリアスリザーブ」でした。 今でこそ当たり前になった、クラウドファンディング型の企画で、先に代金を頂くオーナー制度で、山の中の天然貯蔵庫(天然セラー)でじっくり寝かせてからお届けするというもの。

貯蔵の様子

通常は半年ほどで製造する栗焼酎を、40010(しまんと)時間(4年7か月)もの年月をかけて古酒にしたその味は、焼酎の概念を覆すほどの深みとまろやかさ。 会社に酒造りの資金が入る事で製造を続ける(地域を守る)事ができ、お客様にも「四万十を応援する」「待つ楽しみ」を同時に提供できるユニークな発案です。

今回お届けするのは、40010時間(4年7か月)を経た720mlボトル。
しまんと時間を待たずしてその味を楽しむことが出来ます。

商品についてのお問い合わせ

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

名称
焼酎


原材料
栗(国産)、麦、米(国産)、米麹(国産米)


内容量
720ml


アルコール度数
25度


製造者
株式会社 無手無冠


備考
20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

TOP