最後の清流四万十川の流れる町四万十町の産品が集う総合通販サイト

50年間継ぎ足しの秘伝のタレ「四万十うなぎの蒲焼」タレ付(真空パック)

商品番号 su-01
クール便(冷凍)
¥ 2,980 税込
選択してください
生産者
四万十うなぎ
原材料
・蒲焼
うなぎ(国産)、醤油、みりん、ぶどう糖果糖液糖、発酵調味料、砂糖、澱粉、水あめ、魚醤(一部に大豆・小麦を含む)
・小袋たれ
〇たれ:醤油(大豆・小麦を含む)(国内製造)、みりん、砂糖
〇山椒(国産)  
内容量
蒲焼(無頭/背割)×1、山椒付き小袋タレ(たれ:15ml・山椒0.2g)×1
発送予定
注文日より5営業日程度
賞味期限
製造より180日
保存方法
冷凍
アレルギー物質
大豆、小麦

徹底した「美味しさ」「安全」へのこだわり


四万十うなぎさんは昭和42年の創業以来50年以上、皆さまに安全で安心、そして何より「おいしい」うなぎを味わっていただくため歩んできました。
そのうなぎは「身が柔らかくて脂がのっている」ことにこだわり、識と経験が豊富な社員が全国の養鰻場に実際に足を運び、目利きをした上で仕入れています。
仕入れたうなぎは、四万十川の伏流水を使用し「ドロ抜き」を行い、うなぎが持つ川魚特有のにおいを抜く。この時に使用する水がうなぎの味や焼き上がりに大きく影響します。
素材を活かし、さらにおいしいうなぎになるよう四万十の美しい水を使用することにこだわる四万十うなぎさん。3日間のドロ抜きを終えたうなぎは白焼きにし、毎回3~5人の職人で味利き。
特有のくさみが無いか、柔らかく脂がのっているかなどを丁寧に確認し、皆様のもとにおいしいうなぎが届くよう徹底しております。


熟練の職人による「捌き」「蒸し」「焼き」


四万十うなぎさんは20~30年以上の経験がある職人による「手捌き」にこだわっております。うなぎを捌く作業には、最低3ヶ月、約1年の修行を要し、機械で捌くよりも多くの時間や手間がかかります。
しかし、手作業にすることで身割れを防ぎ、肝を傷つけず、小骨を綺麗に取り除くことができる。「おいしさ」を重視するためには必要な工程です。そして「こだわりの焼き」。
蒲焼きはたれ付けして焼く工程を4回行い、しっかり火を通し皮はパリッと、身はふっくらとした食感を楽しむことができ、白焼きは炭火で強く焼いたあとに蒸しうなぎの本来のおいしさを逃さず、皮まで柔らかくなるよう、注意して蒸しあげ。
焼き加減は熟練の職人が確認し、お店で提供される白焼き、蒲焼きを目指しています。


50年続く秘伝のタレ



四万十うなぎで使用しているタレは50年間継ぎ足しを続け、創業当時の味を守り続けているとのこと。
また、タレには、化学調味料、合成着色料、酸化防腐剤を一切使用しておらず、以前、アトピー患者のお客様から「四万十うなぎのタレはアトピーの症状が出づらい」とお手紙をいただいたこともあるとか。
このようにお客様に「安心・安全・おいしい」を追及した四万十うなぎをご提供できるように最大限の努力によって生産管理をし、どなたでも安心して召し上がれるうなぎを目指し続けていく。と熱い想いで語ってくれました。


おすすめ商品

前へ
次へ