最後の清流四万十川の流れる町四万十町の産品が集う総合通販サイト

桐島畑のジンジャーシロップ

商品番号 kb-01
  • 常温便
¥ 1,320 税込
選択してください
生産者
桐島畑
原材料
生姜、粗糖  
内容量
230g、480g
発送予定
注文日より3営業日程度
賞味期限
製造月より6か月
保存方法
常温
アレルギー物質

生姜と粗糖のみ、本物の「ジンジャーシロップ」


使用している桐島畑の生姜は、農薬も化学肥料も使わず、全てオーガニックで栽培。「うちの生姜は辛いよ~」とニコニコしながら話す桐島さんの言葉通り、パンチのあるピリッとした辛さに定評があります。
また後にひかない「すっきりとした辛さ」も桐島生姜の特徴。保存にも気を使っており、生姜の原産地は熱帯地方、本来は寒さに弱く多湿を好みます。十和地域では山に穴を掘り、洞窟のような場所に生姜を保存。これを壺(つぼ)と呼び、年間を通して室温は14度前後、湿度100%近くに保っています。
この『自然の温湿管理装置』で一年分の生姜を適切に保存。そんな生姜を煮たのち、粗糖を加えただけの本来の味がしっかりと楽しめる「本物の生姜をつかったジンジャーシロップ」。おすすめの逸品です。


土づくりの大切さ


桐島畑さんのこだわりでまず挙がるのは「土づくり」。全ての栽培をオーガニックで手掛けており、その土台となるのが10年以上の歳月をかけて作り上げた「土」なのだそう。
そして「菌根菌」が特に大切で「私の農業はまず土づくりを大切にしています。化学肥料や農薬をやれば、その時の病気は防げるかもしれんけど、野菜自体のチカラが育たんね。いい土をつくり、微生物と野菜を共存させる環境を作らんといけません。大切なのはね、なに言うてもやっぱり菌根菌よ!」と語る桐島さん。
土の中の微生物を増やして良い菌をつくり、その菌が根に付着してその植物と共生する事の出来る菌だそうで、化学肥料ではこの菌は育たず、土と植物が助け合える土づくりを心がけています。


自分らしく、そして面白く。


就農して35年以上経ちますが、まだまだ現役バリバリの桐島さん。
アメリカで2年間農協研修をした後、最初の6~7年間は地元JAに出荷する野菜として、主に米ナスの栽培をしていましたが「段々とね、マニュアル通りにやるのがつまらんなってきてね。」と、アメリカで学んだ事を思い出しながら、国に守られながらの日本の農業の弱さに少しづつ疑問を抱き、試行錯誤しながら28歳で完全に有機栽培に転換。
ナバナ・オクラ・スナップエンドウなどでスタートし、同じ志を持つ仲間たちと支え合って経験を重ね、現在では年間78品目もの野菜を、すべてオーガニックで栽培するスーパー農家にまでなりました。


おすすめ商品

前へ
次へ